新着情報

新着情報

注射を腰には打たないで!

2017.11.27

こんにちは、

腰の、悪いの、飛んでゆけ!

明大前整骨院の落合です。

今日も坐骨神経痛や、脊柱管狭窄症、ヘルニアを患い、

手術を勧められたり、湿布でなんとかごまかしながら

将来に不安をお持ちのあなたに有益な情報を提供します。

 

 

よく患者さんの間違えで

・湿布をしていれば治る

・注射で治る

・薬で治る

 

とありますが、これは全然違います。

 

仮に痛みが取れても実は臭いものに蓋をしただけなんです。

 

痛みを発生させないようにではなく、

痛みを感じないようにしているのです。

 

「え?でも薬飲まなくなっても痛くないんですけど?」

 

そういうお気持ちはわかります。

 

でもそれって原因の解決になってないんですよ。

 

例えばあなたが野球のピッチャーだったとします。

 

肘を故障し、投げるのが困難になるとします。

 

その後に注射を肘に撃って痛みは治った。

安静にしていて肘の痛みがなくなった。

 

よし投げよう!

投げていたらまた痛くなって来た。

 

これなんでかわかりますか?

 

この場合はみなさん少し感ずく人も出てくるのですが、

 

「フォーム(動きかた)」が原因になるのです。

 

あなたの今いたいとおっしゃっている症状もひどくなったのも、

何十年も付き合ったりしている辛さも原因が大事なんです。

 

私どもはその原因にフォーカスし、

さらに、「再発させない体づくり」に着手しています。

 

「正しい動き」を身につけて原因を解決しない限りは

ご自身で体の不調に気づかず修正できない状態になってしまいます。

 

そして、その後にまた痛くなる。

 

これは軽く痛いぐらいならまだしも動けなくなることだってあります。

 

そんな状態になって無駄なつらい時間を引き伸ばして欲しくないです。

 

 

痛すぎる日が、誕生日、

痛すぎる日が、旅行、

痛すぎる日が、ディズニーランド、

 

 

こんな人山ほど見て来ています。

 

 

あなたがもし今後そんな状態を無くしてしっかりと

自分の人生のために、好きなことを続けていくために

本気で変えたい!と心の中で思うのであれば

 

 

私がお役に立てます。期待していいです。

あなたが目標に向けて頑張るのを応援します。

一人だと何していいか、わかりませんよね?

一緒に頑張りましょう!

 

 

本気で腰痛を変えたい方はクリック↓

好きなことをやり続けられる体になりたいなら