新着情報

新着情報

突然膝の上が腫れだしたあなたへ

2017.12.15

膝の痛いの飛んで行け!

こんにちは落合です。

今日も整形外科にいっても変わらなくて困っているあなたへ向けて有益な情報を

お送りします。

こんなことないですか?

膝が痛いなあ最近。

突然膝が腫れている事に気づく。

「あれ?なんか右と違う。。。」

そして、病院にいって

注射で水を抜く、

二週間後にきてください

またすぐ腫れてる

二週間後また注射で抜く

痛みが引かない

といっている間に何ヶ月も立っていきます。

そして、

「変形ですね。」「老化ですね。」

と言われる。

やっているのは、

注射、ももの前の筋トレ、湿布、サポーター、痛みどめ、グルコサミン、、、

変化ありましたか??

そもそもなんで痛くなってしまい、腫れたのでしょうか?

腫れる原因1:お皿の骨(膝蓋骨)の位置異常

膝は腿の骨、スネの骨、お皿の骨の三つで構成されています。

この三つが決まった関係でバランスよくいる事でスムーズに動くようになっています。

なぜ位置が変わるのか?

もも前の筋肉が硬くなるとそれがついているお皿の骨が上にずれてしまうのです。

ずれた状態で曲げ伸ばしやひねると、膝のお皿の上だけでなく、お皿の下、膝の内側、外側と痛みが出てきます。

腫れる原因2:股関節や足首の使い方が不正確

膝関節の周囲には股関節と足関節があります。

その部分が内側にねじれていたり、外側に体重がいっていたりする事で

体がねじれていきます。

ねじれることで膝に過度な負担がかかり炎症がおきます。

もしあなたが、上記のことが正しく対処できずに5回10回と治療を受けていても未来が見れないのであれば、

僕に会いにきてください。

10年以上走れなかった人が今では走れてゴルフもしています。

あなたには、2つ道があります。

このまま、そっとこのページを閉じてまた悩みだすのか。

一歩踏み出し未来を帰る決心をするのか。

どちらですか?

根本から膝痛を治したい方だけここをクリック!!