新着情報

新着情報

代田で肩こりが悪化してきてもまだ肩ばかり揉んでいるあなたへ

2018.05.07

肩こりに悩まされている方に大切なことがありますので、

ぜひ覚えて帰ってください。

image_10844_400_0

まずみなさんは、

肩こりがあるときにどうしていますか??

 

肩を揉む

体操する

叩く

色々されていますよね??

 

そのやっていることの効果が出やすくする大切なポイントをお伝えします。

 

肩はまず肩を揉むな?!

そうです。実は肩を揉んでも一向に良くなることがないんです。

肩が痛いから肩を叩いて、揉んで、

それでどうなりましたか??

変わらないのではないでしょうか??

 

グリグリ押すのは筋肉に穴を開ける!?

実はそうなんです。

みなさん辛いとき「パンパン」という表現をされますが、

それを用いるとわかりやすいです。

そのパンパンな風船に穴を開けていくようなものなのです。

 

 

空いた穴は・・・

空いた穴はうまるのですが、うまるときにかさぶたを被せるような形になります。

かさぶたって固いですよね?

イメージするなら「つぎはぎ」のような状態になります。

007002.smpl

つまり、固いところが増えていき、最終的にはまた硬くなり、

負の連鎖が続きます。

 

 

は、どうしたら良いのか?!

平たく言うと、

姿勢を改善させて正しく動かせれば改善していきます。

一番の原因は、

緊張した状態を自分で作り出してしまうことです。

 

 

①頭を引く!

頭が前に行けばいくほど肩の筋肉は引き伸ばされてしまい、

痛みが出てしまいます。

 

②胸は張らない!開くだけ!

よく胸を張らなきゃ!と言う人がいますが、

ほとんどは間違ったやり方を助長してしまいます。

胸を開きすぎると腰を反りすぎて痛むことに繋がります。

大事なのは開くことです。

手のひらが外側に向けられるようにしてその位置で保持できると最高です。

また、デスクワークを行なっている方は、肘が体の真横に来ているかチェックしましょう。

真横に来ていないのであれば少し負担はかかりやすくなっていますよ。

 

単純ですが、

ご自身でできることでもポイントを踏まえることができれば

自分でよくすることもできます。

 

私が行なっていること

私は肩こりの患者さんにはほとんど肩をグリグリ押すことはないです。

そこが原因であることは少ないからです。

股関節を少し調整するだけでも一瞬で消えます。

 

そう言った他の原因にも気づかないと、

頭痛や痺れ、腰痛の併発もして来ます。

 

私の院ではむしろそう言った重症度の高い方をみさせていただいています。

あなたの原因はどこにあるかそこが分からなければ、

一生よくなることはないですし、

自分でよくなる力もなくなってしまいます。

私と一緒に頑張ろうと思った方はいますぐお電話ください。

一人で悩まないでいいんですから。

 

最後に私から質問です。

よくなったら何がしたいですか?