交通事故に遭ってしまったら

交通事故治療

受付時間 日祝
9:00-12:30
16:00-20:30
9:00-13:00

明大前整骨院院長・落合

交通事故には遭わないことが一番ですが、日常生活を送る上で何があるかはわかりません。
もしも、交通事故の被害者になってしまったら、どうすればいいのか? いざという時のために、自分を守る方法を確認しておきましょう!

交通事故の被害者になってしまったら

1.まずは警察へ届出を!!

交通事故イメージ

交通事故に遭ってしまったら、大したことが無いと感じても、必ず110番し、警察に来てもらってください。保険金を請求するためには警察への事故の届出が必須になります。
加害者の方から「警察には届け出ないでほしい」と言われても、丁寧にお断りしてください。警察への連絡は、加害者の法律的な義務でもあります。
また、相手からお金や賠償の話を振られても、絶対に自分で交渉に応じるのはNGです。「保険会社に対応してもらいます」と申し伝えるに留め、一切全てを保険会社か弁護士に任せてください。

ここに注意

事故当時は症状がなくても、数日経ってから、数ヶ月経ってから痛みやつらさが出てくることもあります。

2.加害者の連絡先を確認してください

交通事故イメージ

加害者の免許証を見せてもらい、住所、氏名、生年月日、連絡先、免許証の番号を控えます。また、相手の勤務先と、加害車両のナンバープレートも控えてください。メモする物が無い場合は、携帯電話のカメラが役立ちます。
加害者の情報を控えておかないと、相手に逃げられてしまって、お金を請求できなくなる可能性が高いです。

ここに注意

「警察に届け出ているのだから大丈夫だろう」と考えがちですが、警察が加害者の連絡先を教えてくれない場合もあり得ます。

3.事故現場を記録してください

交通事故イメージ

交通事故の現場は、警察とは別に自分でも記録しておき、相手の事故に対する言い分なども記録しておくようにします。
現場の写真を撮る時は、信号や一時停止の有無、事故車両の損傷部位などを中心に撮影をします。管轄の警察、担当警察官の情報も控えさせてもらいましょう。

ここに注意

警察による捜査が不十分と感じる場合もあるので、交通事故の現場は自分で記録する方が確実です。

4.症状の自覚が無くても、専門家の診察を受けてください

交通事故イメージ

交通事故による怪我というのは、症状が無くても、意外と重症な場合があります。
また、診察を受けたら、診断書の発行を受けて、管轄の警察に提出します。
それにより、保険での治療費を請求することができるようになります。

ここに注意

予後を決めるのは最初の処置と言っても過言ではありません!!

5.保険会社との連絡を取る

交通事故イメージ

医療機関が決まったら、保険会社に連絡をして、電話番号を伝えてください。

ここに注意

通院する病院や整骨院は、事故が起きてすぐの時に治療を受けた病院の他、転院することも可能です。

保険会社への請求で悩んだら…

「交通事故になんて遭ったことがないし、どうしていいかわからない……」
ご安心ください。そんな不安は、当たり前のことです! 明大前整骨院では、保険金請求の段取りや方法などもアドバイスさせていただいておりますので、安心して治療に専念していただけます。
交通事故はつらい経験ですが、私達が一緒に取り組みます。一緒に「治って良かった!」を目指しましょう!!

明大前整骨院のスタッフ一同

03-3325-3200

※当院は予約優先となっておりますので、お電話にてご予約されてからご来院されるとスムーズです。

お問い合わせフォームへ

お気軽にお問い合わせください